コンテンツへスキップ

カート

カートが空です

記事: remerino-リメリノ-誕生の地 尾州(びしゅう)

remerino-リメリノ-誕生の地 尾州(びしゅう)

remerino-リメリノ-誕生の地 尾州(びしゅう)

こんばんは。remerino-リメリノ-代表の高田です。今日は、remerino誕生の地、尾州(びしゅう)地域についてお伝えします。

毛織物の産地として有名な尾州地域は、日本の岐阜県と愛知県にまたがるエリアでです。木曽川流域の豊かな自然環境に恵まれた尾州地域は、遡ること奈良時代から150年以上に渡り、「ウール」と「ものづくり」の産業が発展してきました。

この地域で、日本国内生産のうち約8割の毛織物が生産されています。

麻、絹、綿、ウールと時代に合わせて変遷しながら、繊維の一大産地に発展してきました。そんな尾州地域の強みは、糸から織物になるまでの数多くの工程を、同じ地域の中で分業、協業していることです。

紡績、撚糸、染色、縫製まで、工程ごとの工場から成り立ち、それぞれにおいて熟練の技術が培われています。

remrin-リメリノ-のワンピースには、尾州の熟練の技が詰め込まれています。

Read more

ウール素材の特徴3つ

ウール素材の特徴3つ

こんばんは。remerino-リメリノ-代表の高田です。 本日は、remerinoの特徴であるウール素材についての記事を書きたいと思います。 ウールは自然繊維であり、羊毛から得られる素材です。 ウールの特徴は多岐にわたりますが、代表的な3つの特徴をお伝えします。   ①冬の寒い外気と、室内の暖房による暖かさに対応 保温性と通気性 ウールは優れた保温性を持っています。 そのため、冷たい気...

もっと見る
remrino-リメリノ-ワンピースに使われているメリノウールの特徴①

remrino-リメリノ-ワンピースに使われているメリノウールの特徴①

【メリノウールって? 普通のウールと何が違うの?】 メリノウールとは主に「オーストラリア」「ニュージーランド」「フランス」などで飼育されている「メリノ種」の羊の毛を原料にしたウールです。 他の羊よりも繊維が細く繊細で優れた肌触りを持っています。   【ウールって、チクチクしそう】 ウールと聞くとまず一番に、冬に着るセーターを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?確かにウールのセーターを素...

もっと見る